植物エキスを利用してネズミを退治、衛生を保つ為に

subpage01

ネズミは不衛生な環境を好みます。



ペストを流行させた原因でもありますが、やはり良くはない菌を持っています。
ペスト菌は日本内では確認されてはいないですが、不衛生な存在ですから注意が必要です。

実はネズミは良い香りを嫌う性質を持ち、ヒノキから抽出されたヒノキチオールやフィトンチッドを拒否します。


仮に家に侵入してしまった場合は、追い出す事が一番最適な手段です。

今までに培ったノウハウを活かし、ロケットニュース24情報ならこちらをご利用ください。

ねずみ取りや駆除剤が含まれた団子を設定して退治する事も、解決手段にはなります。
しかし、前者の罠にかかった場合、人の手で処理しなければいけないですから、ストレスです。
後者のやり方はネズミが団子を食べた後に「何処へ行くか」がポイントになります。
食べた後に外へ出て行ってくれるならば良いですが、部屋の何処かで倒れていたり、屋根裏で息を切らしても、退治した後に困る可能性が出てきますから、理想的な結果は追い出す事です。



ですから、侵入した部屋全体にヒノキエキスを散布するか、加湿器にヒノキ水を入れて部屋全体に有効成分を散乱させる手段もあります。しばらくするとネズミは、その場所にいる事が更に苦しくなってきますから、動きを見せ始めます。
その時がチャンスです。
窓を直ぐに開けて住民は別の部屋に移り、気配を消すようにします。
時間が経てば嫌でもネズミは逃げ出そうとしますから、結果的に退治になります。ヒノキチオール、フィトンチッドは有効です。注意すべき事は、窓を閉めたままで有効成分を散布してから1時間は放置する事です。