ねずみを退治するための方法

subpage1

ねずみはいつの時代も人々を悩ませる存在ですが、昨今では家猫が大人しくなったこともあり、より一層の対策が必要となってきています。

ねずみが家の屋根裏などに侵入しているということはどこかに入って来られるルートがあるということです。
しかし、そのルートをいきなり封鎖してしまってもすぐに新しいルートが作られてしまいます。
そこで敢えてルートを塞がずにそこへトラップを仕掛けることが有効な手段となります。

とは言え、トラップを仕掛けるのは家の一部分であるため、大掛かりなものや危険な薬品を使用したものはあまり好ましくありません。

あくまで家にダメージを与えずにねずみを退治することが大切です。


そこでよく用いられているのが粘着テープを設置することです。
ねずみは粘着テープに引っかかると身動きを取ることが出来なくなります。
基本的にはそのまま生き絶えてしまうため、グロテスクな状態を見ずに退治することができるのもこの方法のメリットです。毒餌もよく用いられている駆除方法であり、まとめて駆除するにはうって付けです。



ただ、気をつけておかなければならないのはどんな駆除方法を選択したとしても、個人でねずみを退治する限りは死骸を自ら処理する必要があることです。

goo ニュースがさらに話題になりそうです。

業者に依頼すれば死骸の処理はもちろん、アフターフォローも行ってもらえます。



駆除をするのは簡単なことではないので、ある程度で見切りをつけてプロである業者に頼むのもおすすめです。

暮しについての考察

subpage2

家のねずみ屋根裏に巣を作って住み着きやすいのが「くまねずみ」というねずみと言われます。ねずみ算などと揶揄されるように、ねずみと言うものは繁殖力が非常に高く賢い生き物です。...

next

基本知識

subpage3

ネズミは住人が寝た頃に動き出します。人の気配を察知して素早く身を隠すので、被害に遭っている事に気が付かない場合があります。...

next

暮しをよく学ぶ

subpage4

ネズミは不衛生な環境を好みます。ペストを流行させた原因でもありますが、やはり良くはない菌を持っています。...

next

暮し関係の真実

subpage5

自宅にねずみが住み着いてしまい、困っているという方も多いのではないでしょうか。屋根裏でゴトゴト音がしたり鳴き声が聞こえたり、酷い時には室内でねずみと遭遇する可能性も有ります。...

next